【ピッチ企業紹介】B Dash Camp 2024 Spring in Sapporo、明日開幕

【ピッチ企業紹介】B Dash Camp 2024 Spring in Sapporo、明日開幕

written by

KEPPLE編集部

目次

  1. 「B Dash Camp 2024 Spring」今年も札幌開催
  2. B Dash Camp登壇スタートアップ15選
  3. Pitch Arenaの結果は速報で

「B Dash Camp 2024 Spring」今年も札幌開催

2024年5月22日、毎年国内で行われる招待制カンファレンス「B Dash Camp 2024 Spring in Sapporo」が開幕する。昨年5月と同様、札幌で5月24日までの3日間の開催だ。インターネット業界の第一線で活躍する経営者や著名人が集結し、新たなビジネスの機会を創出する。

その中でも、スタートアップの登竜門ともいえるピッチコンテスト「Pitch Arena」は注目のイベントだ。今年は110社以上の応募があり、書類審査と面談を経て、スタートアップ15社のPitch Arena First Round(予選)への出場が決定した。予選を勝ち抜いた企業は、Final Round(決勝)に臨む。

本記事では、B Dash Camp 2024 Spring in SapporoのPitch Arenaに登壇予定のスタートアップ15社について紹介する。

B Dash Camp登壇スタートアップ15選

株式会社BabyJam

企業HP:https://www.babyjam.jp/

音楽プロモーションをはじめとした音楽アーティストのためのサービス「NORDER」を運営。NORDERは、音楽アーティストとインフルエンサーのマッチングサービスだ。インディーズアーティストが楽曲を利用した動画投稿をインフルエンサーに依頼し、投稿してもらうことで楽曲のメディア露出を高めることができる。

2023年8月には、プレシリーズAラウンドにて、NESベンチャーキャピタル、セレス、山口キャピタル、WONDERTAINER FUNDを引受先とした第三者割当増資による、1.2億円の資金調達を実施した。

emole株式会社

企業HP:https://emole.co.jp/

ショートドラマ配信アプリ「BUMP」を運営する。BUMPは、1話3分で隙間時間に楽しむことができるショートドラマの配信アプリだ。emoleが独自に製作するBUMPオリジナルドラマのほか、テレビ局など外部クリエイターとの共同出資による制作委員会方式でのドラマ制作や、BUMP以外のメディア用に制作されたドラマを短尺に再編集した作品などを提供している。

2023年5月には、プレシリーズAラウンドにて、千葉道場ファンド、サムライインキュベート、D4V(Design for Ventures)、朝日メディアラボベンチャーズ、ココナラスキルパートナーズ、アドウェイズ・ベンチャーズ を引受先とした、第三者割当増資による2.6億円の資金調達を実施した。

株式会社Penetrator

企業HP:https://pntwhere.com/

JAXAの知的財産やJAXAの業務で得た知見を利用した事業を行い、JAXA所定の審査を経て認定された「JAXAベンチャー企業」だ。同社の開発する「WHERE」は、衛星データと画像解析AIにより駐車場や畑、空き地などを検知し、法務局の登記データと照合して所有者を特定することで、不動産情報集約業務の負担を軽減することができるSaaSプロダクトだ。

2024年3月には、ディープテックとテクノロジーの世界的スタートアップ・コンテスト「Extreme Tech Challenge (XTC)」日本大会にて、準優勝企業に選ばれた。

株式会社Smart Craft

企業HP:https://corp.smartcraft.jp/

製造現場DXプラットフォームを開発する。同社が開発する「Smart Craft」は、製造現場における製造指示や実行など、一連の業務プロセスをデジタル化するクラウドサービスだ。

紙やエクセルに記載される生産実績を、作業者はタブレットなどのモバイル端末上で入力することでペーパーレス化に貢献する。現場の管理者は、端末上で入力された生産実績や作業進捗を、離れた場所からでもリアルタイムに確認できる。

2023年6月には、ジェネシア・ベンチャーズ、ANOBAKA、三菱 UFJ キャピタル、エンジェル投資家を引受先とした、1.1億円の資金調達を実施した。

株式会社GOKKO

企業HP:https://gokko5club.com/

縦型ショートドラマを制作するクリエイター集団「ごっこ俱楽部」を運営する。2021年5月に結成されたごっこ俱楽部は「日常で忘れがちな小さな愛」をテーマに縦型動画ショート動画を制作している。1年で200本を超える幅広いジャンルのドラマコンテンツを公開。脚本、撮影、編集、投稿、マーケティング、視聴データの分析までをワンチームで行っている。

2024年4月には、TikTokアカウント「ウミガメごっこ」が「ショードラアワード2024」大賞を受賞した。

株式会社ドットアイ

企業HP:https://www.doti.co.jp/

女性向け転職口コミサービス「SHEHUB(シーハブ)」を提供する。SHEHUBは、女性社員のみの企業口コミを掲載している。産休育休や復帰後の仕事など、女性ならではの仕事の悩みについて掲載し、不安解消を目指す。口コミは審査し、働く女性にとって、厳選された価値のある情報を届けている。

HIRAKUホールディングス株式会社

企業HP:https://www.hirakugroup.com/

運動療育特化の「kaika」、学習支援特化の「COACH」、就職準備特化の「FIND」を提供する。kaikaは、運動療育経験者である指導員が、運動療育としてサポートし、体力・脳機能・社会性の向上を目指す。COACHは、学習に特化した放課後等デイサービスで、学習の土台となる認知機能トレーニング、ビジョントレーニングを通して成長のサポートをする。また、FINDでは、​​職業体験とソーシャルスキルトレーニングを通じて​社会生活に必要なスキルをつけることができる。ライフステージごとに必要な療育を展開している。

2023年12月には、Skyland Ventures、ANOBAKA、East Ventures、三菱UFJキャピタル、個人投資家を引受先とした、1.5億円の資金調達を実施した。

株式会社LOOV

企業HP:https://www.loov.co.jp/

B2Bセールスやマーケティング向け動画活用プラットフォーム「LOOV」を運営する。LOOVは、各顧客の属性に応じてプレゼン内容が自動的に変化する営業動画を簡単に作成や配信をすることができるツールだ。LOOVを使えば、工数を掛けずに顧客ごとに適切な情報を提供する事が可能となる。

2024年2月には、シードラウンドにてOne Capital、HAKOBUNE、個人投資家を引受先とした第三者割当増資による約1.2億円の資金調達を実施した。

株式会社マップフォー

企業HP:https://www.map4.jp/

自動運転システムにおける3次元地図作成技術・位置推定技術などの開発を行う名古屋大学発のベンチャー企業。マップフォー独自開発のアルゴリズムにより、高精度な地図データを短時間で作成でき、高いコストパフォーマンスを実現できる。自動運転技術を中心とした幅広い分野に、実世界のあらゆる3次元空間情報の認識技術「空間知能」を提供している。

2023年11月には、デジタルツイン事業推進における戦略的パートナーとしてLiberawareと業務提携を開始した。

株式会社アウトラウド

企業HP:https://out-loud.net/

BtoB営業支援AIサービス「Pocta」の開発・運営などを行う。Poctaは、AIチャットによる提案書の自動生成や質疑応答から、営業活動において使用するナレッジや資料の管理など、商談までの準備時間を削減し業務プロセスを効率化する。

2024年2月には、プレシードラウンドにてYazawa Venturesを引受先とした資金調達を実施した。

株式会社PeopleX

企業HP:https://peoplex.jp/

総合型HRソリューション「PeopleWork」を提供する。PeopleWorkは、新入社員の即戦力化や社員のリスキリング、採用候補者に対して社員が交流などを行うことができ、採用力の強化やスキルアップ、離職率の低下を目指すプラットフォームだ。他にも、組織人事コンサルティングを行う「PeopleConsulting」や社員のエンゲージメント向上に特化したギフト制作を支援する「PeopleGift」などのサービスを展開する。

PortRay株式会社

企業HP:https://portrayinc.com/

1次面接通過レベルの人材とだけ出会える転職サービス「OSUMITSUKI」を提供する。OSUMITSUKIは、登録ユーザー全てに共通1次面接と結果のスコアリングを実施し、1次面接通過レベルの人材のみから応募が届くサービス。選考ボーダーは随時変更可能で、その都度ピンポイントの人材から応募を募ることできる。時間のかかる書類選考と面接時間を大幅に削減できる。

株式会社Puff

企業HP:https://puffinc.co.jp/

AI税理士「TAX MANAGER」を提供する。TAX MANAGERは、税務におけるミス・漏れ・無駄を無くし、自動でタックスプランニングを創出するAI税理士だ。決算期を入力するだけでAIによって自動でタスクを生成し、適切な納税ができる。税務相談チャットを活用することも可能だ。また、日々の業務を蓄積することができ管理することができる。

株式会社Singular Perturbations

企業HP:https://www.singular-perturbations.com/

国内外の警察・情報機関向けの犯罪予測ソフトウェア「CRIME NABI」を提供する。CRIME NABIは、いつ・どこで未来の犯罪が起きるかを予測するシステムだ。犯罪発生確率が高いと予測されたエリアを重点的に巡回するルートでは、警備効果が大きく向上する。ほかにも、犯罪予測結果を用いた防犯パトロール支援のモバイルアプリ「Patrol Community」も提供している。ルート作成、パトロール、管理の機能を一括で活用できる。また、ブラジルやホンジュラスなどでもCRIME NABIの有効性の検証を開始している。

2021年11月には、シードラウンドにてB Dash Venturesを引受先とした第三者割当増資、金融機関によるデット・ファイナンスによる、総額1億円の資金調達を実施した。

株式会社スタジオプレーリー

企業HP:https://corp.studio-prairie.com/

デジタル名刺サービス「プレーリーカード」を開発・販売する。プレーリーカードは、ICカードにスマホをかざすと、事前に登録した名刺情報や各SNSのURL、ホームページ情報などが読み取れるデジタル名刺サービス。TikTokや公式LINE等、さまざまなSNSを登録でき、既存の名刺管理サービスでも管理ができる。また、写真やロゴをアップロードすれば、オリジナルデザインのICカードを作成することも可能。

2024年4月には、企業・地域のファンコミュニティ形成・マーケティング支援サービス提供の強化を目的として、ファンベースカンパニーと業務提携を行った。

Pitch Arenaの結果は速報で

Pitch Arenaへの出場はスタートアップにとって重要なマイルストーンの一つであり、自社の独自性をアピールできる絶好の機会だ。幅広い業界からの参加者に大きな印象を与えるのはどのスタートアップか。Pitch Arenaファイナルの結果はKEPPLEが速報でお届けする予定だ。

Share
notelinkedInfacebooklinetwitter

新着記事

notelinkedInfacebooklinetwitter
notelinkedInfacebooklinetwitter

STARTUP NEWSLETTER

スタートアップの資金調達情報を漏れなくキャッチアップしたい方へ。
1週間分の資金調達情報を毎週お届けします

※登録することでプライバシーポリシーに同意したものとします

※配信はいつでも停止できます

STARTUP NEWSLETTER

投資家向けサービス

スタートアップ向けサービス