MaaSのスタートアップWeMoが15百万米ドルを調達、100万人の会員と共に東南アジアに向かう

MaaSのスタートアップWeMoが15百万米ドルを調達、100万人の会員と共に東南アジアに向かう

  • #バイク
  • #交通IT支援
  • #シェアリング

written by

Chi Ko


翻訳元の記事公開日:2023年2月1日 記事提供:Meet Global

WeMoは、Mobility-as-a-Serviceプラットフォームを通じて、100万人を超える会員を獲得した。今回の資金調達と台湾市場の実績により、東南アジアへの進出を準備している。

都市型モビリティ技術のパイオニアであるWeMoは、AppWorksが主導し、Taiwan National Development Fundが参加するシリーズA+ラウンドを完了し、今回の調達総額が1,500万米ドルに達したことを発表した。

AppWorksの会長兼創業パートナーであるJamie Linは、「近年、気候変動や悪天候の影響が加速し、ネットゼロの経済・社会モデルへの移行に大きな弾みがついています。WeMoのチームは、パンデミックを通して、卓越したオペレーション、製品イノベーション、シームレスな消費者体験へのフォーカスを通じて、驚くべき回復力と実行力を発揮し、健全な財務パフォーマンスを実現しました。WeMoの初期からの信者として、AppWorksはJeffreyとDavidのリーダーシップによるこのチームの将来に大きな信頼を寄せています」と述べた。

WeMo

2022年、WeMoは台湾経済の再開に伴う消費者の需要に基づき、WeMo RenTourを含むいくつかの新製品やサービスを開始した

画像クレジット:WeMo

WeMoのCEOであるDavid Liuは、「台湾におけるシェア型eモビリティのパイオニアとして、WeMoは一人当たりのバイク保有台数が最も多いことで知られるこの島国で大きな勢いを得ています。過去7年間、私たちは製品開発、ユーザー体験デザイン、AI / IoT技術において貴重な経験を蓄積してきました。WeMoがパンデミックから力強く復活したことで、政府や企業がより環境に優しい交通手段を実現し、電動車両を効果的に管理できるよう、東南アジアに拠点を拡大できることをうれしく思います」と、述べている。

WeMoは、自家用車への依存を減らし、二酸化炭素排出量を減らすことを使命としており、スマートビークルの運用を開始して7年で、100万人を超える会員を獲得し、台湾市場で圧倒的な地位を獲得している。同社は、刻々と変化する消費者ニーズに対応するため、パンデミックを通じて劇的な調整を行い、政府、企業、コミュニティがより持続可能な交通手段や生活方法を取り入れることを目的とした製品や技術への投資を含め、長期的な成長に向けたポジショニングを行っている。

2022年、WeMoは台湾経済再開後の新たな消費者需要に基づき、いくつかの新製品・新サービスを開始した。電動車、スクーター、自転車のレンタルを行うアプリWeMo RenTour、電動スクーターの無料・割引乗車やその他の特典を定期購入で提供するWeMo PASSなどである。売上高は、パンデミック前の水準に戻り、2桁の成長を記録している。同社は、交通シェアリング、電動化、車両管理、通常の経済活動の再開に対する需要の増加を背景に、今後数年間は成長が加速すると予想している。

インドネシアとタイを環境にやさしい国へ

WeMoの創業者で副会長のJeffrey Wuは、「持続可能なグリーンエネルギー開発は、エネルギーと交通の世界的なトレンドであり、WeMoの創業以来のコアスピリットです。WeMoの継続的かつ着実な成長を基盤に、電動シェアリング乗り物で実証済みの専門知識を活用して、東南アジア地域全体でスマートな輸送のための持続可能なソリューションを提供していきます」と語る。

WeMo

WeMoは東南アジアを目指す。画像クレジット:陳映璇

WeMoは、便利なロードサイドのレンタル&返却サービスに加え、世界の都市化需要とグリーン化トレンドに密接に合致する、1つの統合システムで車両と運用管理に焦点を当てた包括的なMobility-as-a-Serviceプラットフォームを提供している。WeMoのモジュール式で効率的なオールインワンツール「Smart Mobility Center」により、車両管理者は、過去およびリアルタイムのデータ、正確な予測、分析にアクセスし、車両管理を改善することができるようになる。また、データやモジュールの仕様は、地域や車種などのニーズに応じてカスタマイズすることができ、持続可能な目標の達成や車両管理のシームレス化を支援する。

今回の資金調達により、WeMoはインドネシアとタイを中心とした東南アジアへのサービス拡大を計画している。電気自動車や代替輸送ソリューションの需要が急速に高まることを見越して、同社は東南アジア全域の政府、投資家、企業、輸送業者とのパートナーシップを構築し、ゼロエミッションへの移行を支援するグリーン輸送と車両管理サービスを提供している。

トップ画像クレジット:蔡仁譯

翻訳元:https://meet-global.bnext.com.tw/articles/view/47873

Meet Globalについて:2011年にBusiness Next Mediaが立ち上げたMeetは、スタートアップ・シーンの最新ニュース、業界動向、ベンチャーキャピタルの資金調達、業界イベントなどを提供する大手スタートアップ・コミュニティ・プラットフォームです。台湾の強力なスタートアップエコシステムを育成することを使命とするMeetは、オンラインプラットフォームやアジア最大のハイテクスタートアップ見本市Meet Taipeiなどのイベントを通じて起業家コミュニティを結集し、次世代のスタートアップを支援しています。その他のスタートアップストーリーは、こちらをご覧ください。


Tag
Share
notelinkedInfacebooklinetwitter

台湾のスタートアップコミュニティであるMeet Globalのジャーナリスト。 台湾のスタートアップエコシステムの最新情報をはじめ、世界市場を目指す野心的な台湾のスタートアップをレポートする。以前は、国立台湾大学のCenter for Condensed Matter Scienceでリサーチアシスタントを務め、Academia Sinicaのゲストエディターとして最新の研究ブレイクスルーを取り扱った。国家科学及技術委員会のMinisterであったMaw-Kuen Wu氏、トレンドマイクロ台湾のGeneral Manager Bob Hung氏など、様々な分野の専門家に取材した経歴がある。

新着記事

notelinkedInfacebooklinetwitter
notelinkedInfacebooklinetwitter

STARTUP NEWSLETTER

スタートアップの資金調達情報を漏れなくキャッチアップしたい方へ。
1週間分の資金調達情報を毎週お届けします

※登録することでプライバシーポリシーに同意したものとします

※配信はいつでも停止できます

STARTUP NEWSLETTER

投資家向けサービス

スタートアップ向けサービス