注目の資金調達ニュースを一挙紹介!資金調達Weekly(2023.3.19~3.24)

注目の資金調達ニュースを一挙紹介!資金調達Weekly(2023.3.19~3.24)

  • #資金調達Weekly

written by

KEPPLE編集部


先週(3/19~3/24)にリリースされたスタートアップの資金調達情報を振り返る。

資金調達件数は22件と前週比で減少。
調達金額の総額は3,830百万円と前週比で-83%になった。

融資も含め大型の調達が目立った前週と比較すると、ある程度落ち着いているものの、
エディットフォースやソラジマなど、10億円規模の資金調達も発表された。

先週発表された資金調達の中から、シード/アーリーのスタートアップを中心に紹介する。
資金調達ニュース一覧はこちら

OpenFactory、シードラウンドで8000万円の資金調達を実施

本ラウンドでの引受先はNew Commerce Ventures、愛知キャピタル、アルファ、その他法人及び個人投資家数名。オンデマンドプリントに特化した印刷APIを用いて、オリジナルアイテムを1個からつくるための組み込み型サービス『Printio』を開発する。調達資金により、エンジニアと営業の採用を進める。

キュライオ、シリーズAラウンドで2.6億円の資金調達を実施

本ラウンドでの引受先は、Beyond Next Ventures、T&Dイノベーション、旭化成ファーマ、スリーエスキャピタル、UT創業者の会、IKERUNippon Capital Partners、DOJIN CAPITAL、Ono Venture Investment.、濡木理、エンジェル投資家1名。細胞表面などのたんぱく質の構造を解析できる「クライオ電子顕微鏡」を使い、新薬の候補となる物質を探索するなどといった創薬事業、創薬支援を行う。本調達により、シリーズAラウンドでは総額5.7億円の資金調達となる。

villio、累計1億円の資金調達を実施

引受先は、Partners Fund、ANRI、ほか個人投資家。1on1を通した人材育成SaaS「Talent Amp」を運営する。本リリースと合わせて、Talent Ampの正式リリースを発表している。コミュニケーションの質向上だけでなくキャリア形成や成長支援まで行うことで、従業員のウェルビーイングを後押しすることを目指す。

WizWe、資金調達を実施

本ラウンドでの引受先は、株式会社アイシンとペガサス・テック・ベンチャーズが運営するCVC習慣化プラットフォーム「Smart Habit」を開発・運営する。ユーザーは、日々の学習を記録できるほか、サポート事務局や専属のメンタースタッフから学習方法やサポートコメントなどを受け取ることができる。今回の資金調達を通じ、ヘルスケア領域の事業拡大を進める。

同社は、過去に以下の記事でも取り上げている。
教育・フィットネス分野で広がる習慣化サービス、ヘルスケア分野への展開を加速

EX4Energy、1億円の資金調達を実施。

本ラウンドでの引受先は、東京大学協創プラットフォーム開発。分散型エネルギーを活用した、電力サービス事業者の制御システムと個々のエネルギー機器を繋ぐ「Public Power HUB」を開発。メーカーごとに異なる機器の接続を解決することで、カーボンニュートラルへの貢献を目指す。

Edv Future、シードラウンドで約9000万円の資金調達を実施

本ラウンドでの引受先は、創発の莟ファンド、旺文社ベンチャーズ、ベクトル、アガルート 、森本千賀子氏、その他個人投資家。学力テストでは測定できない「非認知能力」に着目し、データを用いて最適なカリキュラムやコーチングを提案する「Edv Path」を運営する。今回の調達資金をもとに、事業成長に向けたプロダクト開発を進める。


==========================
<PROMOTION>
ソーシングやリサーチの時間を短縮!
国内スタートアップの詳細な資金調達情報は「KEPPLE DB」で確認KEPPLE DBバナー


Tag
Share
notelinkedInfacebooklinetwitter

新着記事

notelinkedInfacebooklinetwitter
notelinkedInfacebooklinetwitter

STARTUP NEWSLETTER

スタートアップの資金調達情報を漏れなくキャッチアップしたい方へ。
1週間分の資金調達情報を毎週お届けします

※登録することでプライバシーポリシーに同意したものとします

※配信はいつでも停止できます

STARTUP NEWSLETTER

投資家向けサービス

スタートアップ向けサービス