台湾の即時予約スタートアップFunNowがシリーズBで1500万米ドルを調達、PChome、Wistron、KKdayが投資家に

台湾の即時予約スタートアップFunNowがシリーズBで1500万米ドルを調達、PChome、Wistron、KKdayが投資家に

    翻訳元の記事公開日:2021年11月9日 記事提供:Meet Global

    台湾に拠点を置くエンターテインメントとレジャーのライフスタイル・マーケットプレイスであるFunNowは、シリーズB資金調達ラウンドを1500万米ドルで終了した。マレーシアのPerfect Hexagon Commodity&Investment Bankと韓国のAscendo Venturesが共同で投資をリードし、新規投資家のPChome、KKday、Wistron、既存投資家のCDIB capital, Darwin Venture, Accuvest, Sanpu Travel GroupとCSV Venture Fundも参加した。

    FunNowの既存投資家はほとんどが金融投資家であるが、今回は台湾の企業投資家として、電子商取引大手のPChome、NEXT BIGのスタートアップKKday、Wistronの3社が参加したことは注目に値する。

    PChomeは毎月膨大なトラフィックを抱えているほか、Pi Walletなどの異なるビジネスユニットも持っている。「サービス業のデジタル変革や消費者行動の技術的洞察など、FunNowのOMOのパフォーマンスについては楽観視しています。FunNowは業界のリーダーであり、パイオニアです」とPChomeのCEOであるKevin Tsaiは述べている。

    KKdayは、以前は目的地旅行に重点を置いていたが、ポスト・パンデミック時代のローカルライフサービスにビジネスパズルを発展させている。両社は共同で消費者により包括的でより便利な予約体験を提供することになる。「FunNowの都市生活分野での実績と将来の成長には楽観的で、我々は経験を生かしてチームの国際市場浸透の加速を支援します」とKKdayのCEOであるChen Mingming氏も同意している。

    「FunNowの実績と都市型ライフスタイルの分野での将来の成長に対して、楽観的です。私たちは、チームが経験を積んで国際市場浸透を加速させるのを支援します」とKKday CEOのChen Mingmingも同意している。画像クレジット:AppWorks

    Wistronは、台湾のスタートアップ企業を積極的に発掘し、投資している。AppWorksと共同でWistornアクセラレータを設立し、シリコンバレーのEdtechスタートアップMeandMineなど、様々なスタートアップに投資している。

    「今回の出資を通じて、PChome、KKday、Wistronと連携し、ライフスタイルのエコシステムの成長を加速させます」、とTK Chenは付け加えた。

    COVID19を乗り切る

    2020年、コロナウイルスが世界を席巻し、特にライフスタイル産業が大きな打撃を受けた。この困難な時期に資金調達を完了させることは容易ではない。しかし、FunNowは挫折を乗り越える力を見せてくれた。2021年5月に台湾市場が警戒レベル3に入ってから、FunNowはわずか3ヶ月でパンデミック前の80%のパフォーマンスまで収益を回復させた。

    2021年5月に台湾市場がレベル3の警戒態勢に入ってから、FunNowは収益を流行前の80%のパフォーマンスに戻すのに3カ月しかかからなかった。画像クレジット:FunNow

    「Covid-19 パンデミック時のFunNowの業績は、同社の経営状況が良好で、海外展開の大きな可能性を秘めていることを示しています。パンデミック後の国際統合をより一層支援していきます」とAscendo Venturesのマネージング・ディレクター、Aaron Shinは語った。

    各国が国境を開放するのには時間がかかるが、まずは国内消費の回復が期待できる。FunNowは、台湾、香港、マレーシアの市場の売上が第4四半期に過去最高になると予想してる。シリーズBの資金投入により、FunNowのブランド認知度や世界的な市場シェアに有利に働くだろう。

    「パンデミック は徐々に抑制されることが予想され、各国の国内消費の活性化が最大の目標となります。COVID-19のパンデミックの下、FunNowのビジネスデータでも、地域の生活サービスのオンライン予約習慣と、サービス型ビジネスのデジタル変革の需要が加速していることが分かりました」と、FunNowのグローバル戦略責任者で共同創業者のCC Changは述べている。

    FunNowは、台湾、香港、マレーシアの市場の売上が第4四半期に過去最高になると予想してる。画像クレジット:FunNow

    東南アジア市場を固める

    「シリーズBの資金調達完了は、間違いなくFunNowにとって追い風です」とFunNowのSEA Executive DirectorであるPhilip Tingは述べている。「東南アジアで同様のサービスを展開する多くのチームが、事業停止や変貌を遂げていることが観察されています。例えば、東南アジアのスタートアップOffpeakやユニコーンのGojekもGoLifeのサービスを終了しています」と付け加えた。

    「このラウンドの投資家は国際的かつ多様で、資本注入だけでなく、より国際的なリソースとコネクションを得ることができます。これにより、FunNowは東南アジアのライフスタイル市場において主導的な地位を得ることになります」と、FunNowのCEO兼共同設立者であるTK Chenは述べています。

    トップ画像クレジット:FunNow

    翻訳元:https://meet-global.bnext.com.tw/articles/view/47531

    記事に取り上げられた企業との面談依頼はこちらをクリック
    (※ケップルのパートナーであるMeet Globalを通じてオンライン面談を依頼します。面談を確約するものではありません)

    Meet Globalについて:2011年にBusiness Next Mediaが立ち上げたMeetは、スタートアップ・シーンの最新ニュース、業界動向、ベンチャーキャピタルの資金調達、業界イベントなどを提供する大手スタートアップ・コミュニティ・プラットフォームです。台湾の強力なスタートアップエコシステムを育成することを使命とするMeetは、オンラインプラットフォームやアジア最大のハイテクスタートアップ見本市Meet Taipeiなどのイベントを通じて起業家コミュニティを結集し、次世代のスタートアップを支援しています。その他のスタートアップストーリーは、こちらをご覧ください。

      最新の特集記事

      最新の特集記事

      STARTUP NEWSLETTER

      スタートアップ資金調達情報を漏れなくキャッチアップしたい方へ
      1週間分の資金調達情報を毎週お届けします

      ※登録することでプライバシーポリシーに同意したものとします

      ※配信はいつでも停止できます

      STARTUP NEWSLETTER

      投資家向けサービス

      スタートアップ向けサービス

      notelinkedInfacebooklinetwitter
      notelinkedInfacebooklinetwitter