中途採用向けスキルチェックテストのMierbaが目指す、データドリブンな採用の普及

中途採用向けスキルチェックテストのMierbaが目指す、データドリブンな採用の普及

Startup Spotlight

supported by

written by

KEPPLE編集部

中途採用向け職種別スキルチェックテスト「Mierba」を運営する株式会社Mierbaがシードラウンドにて、第三者割当増資による5000万円の資金調達を実施し、β版の事前登録ユーザーの募集を開始したことを明らかにした。

今回のラウンドでの引受先は、ジェネシア・ベンチャーズ。

調達した資金は、プロダクト開発と採用の強化に充て、顧客体験の向上やセールス強化によるシェア獲得を目指す。

採用におけるミスマッチをなくし、個人の能力が最大限発揮できる社会の実現

Mierbaは、職種別の状況判断テストで候補者のスキルを可視化し、企業の最適な人材採用をサポートするスキルチェックテストだ。エンジニア採用向けのコーディングテストのように、営業職やマーケティング職など、さまざまな職種のスキルチェックができる。

従来の適性検査のような一般常識や計数・言語能力を測るものではなく、実際の業務内容に基づいた状況判断アセスメントとなっている。テスト内容は産業組織心理学の博士号取得者と共同作成しており、各企業の職種や求めるスキル、状況に合わせて個別設計し運用している。そのため企業側は候補者の実際の働きぶりを、候補者は募集ポジションの仕事をイメージしやすく、双方のミスマッチをなくすことができる。

サービス資料画像
テストマーケティング中の現在、主にIT企業のインサイドセールスやカスタマーサクセスで多く取り入れられている。

今回の資金調達に際して、代表取締役社長 丸山 樹氏に、今後の展望などについて詳しく話を伺った。

日本にも客観的評価を取り入れたデータドリブンな採用を

―― これまで、採用の現場においてどのような課題があると感じていますか?

丸山氏:一番の課題は、表面的で限られた情報だけで選考が進み、ミスマッチが起きていることです。企業側が出す求人情報は、表面的な情報しか出ていなかったりするため、何が評価されるのかや入社後の具体的な仕事内容がわからず、困っている候補者が多くいます。一方、企業側も候補者から出される履歴書だけでは一側面の情報しかわからず、入社後実際どのくらい会社にフィットし、仕事ができるのかイメージが湧かないため、属人的な評価によってミスマッチが起きています。

スタートアップスカウト

―― Mierbaを始めようと思ったきっかけを教えてください。

きっかけは、自分自身の学生時代の就職活動経験からです。もともと私はシドニーの大学でHR領域を専門的に学んでいました。コロナの影響で帰国した後も、HRテックの会社でフルタイムでインターンをしていたため、HRについてはある程度理解した上で就職活動をしていたつもりでした。

しかし、候補者として就職活動をすると履歴書と面接で何が評価されているかわかりませんでした。「あの会社には絶対に行きたくない」と言いながら入社する多くの同級生を見て、企業側にも候補者側にも不利益なのではないかと問題意識を持ち始めました。その後、色々な企業の方にお話を伺ってみると、どこで評価していいのか本当にわからないため履歴書の写真で判断しているという方もいました。

私がオーストラリアで学んだグローバル基準の採用方法においては、客観的に評価・分析する「アセスメント」の手法が一般的に使われています。そこで、履歴書と面接だけで主観的な評価をするのではなく、客観的評価を取り入れたデータドリブンな採用を日本でも普及するためにサービスを作りたいと思ったことが一番のきっかけです。たくさんの多様な方々と一緒にプロダクトを作り、採用の体験をより良くしたいと考えました。

個人の能力が最大限発揮できる社会の実現へ

―― 今回の資金調達にはどのような目的がありますか。

資金調達の目的は二点あります。プロダクト開発を強化し、しっかり企業にも候補者にとっても良いエクスペリエンスを提供するプロダクトを作ること、そして、少しずつセールスをして狭い領域からでもシェアを取っていくことです。現段階ではそのために、粛々と商品の販売とプロダクト開発を進めていきたいと考えているため、それに合わせた採用に力を入れています。

―― 今後の長期的な展望を教えてください。

長期的には、ビジョンとして掲げている「フィットしていない候補者の採用をなくし、フィットしている候補者の不採用をなくす」を実現したいと思っています。そのために、より良い顧客体験を提供するプロダクトを開発し、企業が自社に最適な人を特定でき、候補者もよりフィットした企業を客観的に選ぶことができる状態を作っていきたいです。

具体的には、現在数社で人事の選考フローに入ってテストを共同作成しているため、β版では50社前後のユースケースを経て料金体系を定め、正式版をリリースする予定です。また、自分自身のバックグラウンドもあるので、できるだけ早い段階でグローバル展開したいと考えています。次のラウンドまでに海外マーケットでの検証を進め、グローバルで採用をより良い体験にしていこうと考えています。そして、個人の能力が最大限発揮できる社会の実現を目指していきます。

株式会社Mierba

株式会社Mierbaは、候補者の職種別スキルチェックテスト『Mierba』を提供する企業。 『Mierba』は職種別の状況判断テストで候補者のスキルを可視化し、中途採用において自社に最適な人材を素早く特定することを実現させる。また、着実にテスト改善のPDCAを回すことで、自社の職種に合わせたテスト作成・選考基準の定量化に貢献する。

代表者名丸山樹
設立日2021年5月17日
住所東京都港区虎ノ門1丁目16-6虎ノ門RAPO-TOビルUCF703
関連記事
スタートアップの詳細データはKEPPLE DB
KEPPLE DB

Startup Spotlight

「スタートアップスカウト」は、ストックオプション付与を想定したハイクラス人材特化の転職支援サービスです。スタートアップ業界に精通した当社エージェントのほか、ストックオプションに詳しい公認会計士やアナリストが伴走します。

求職者向けページ:https://startup-scout.kepple.co.jp

Tag
  • #人事評価
  • #人材サービス
Share
notelinkedInfacebooklinetwitter
スタートアップスカウト

新着記事

notelinkedInfacebooklinetwitter
notelinkedInfacebooklinetwitter

STARTUP NEWSLETTER

スタートアップの資金調達情報を漏れなくキャッチアップしたい方へ。
1週間分の資金調達情報を毎週お届けします

※登録することでプライバシーポリシーに同意したものとします

※配信はいつでも停止できます

STARTUP NEWSLETTER

投資家向けサービス

スタートアップ向けサービス