2023年6月 KEPPLE Monthly Report - 国内スタートアップの資金調達トレンド

2023年6月 KEPPLE Monthly Report - 国内スタートアップの資金調達トレンド

  • #KEPPLE REPORT
  • #ダウンロードコンテンツ

written by

谷口 毅


グロース銘柄が大型株に対する出遅れ感解消、UPSIDERが他企業にもベンチャーデットを広げる予定

マンスリーレポートでは、前月の日本のスタートアップ動向を振り返る。上場企業では、成長著しい企業が多いものの、日経平均などに比べて取り上げられる機会が少ない東証マザーズ/グロースに着目している。未上場企業では、大型の資金調達をピックアップする。

上場企業の動向

6月のマザーズ指数は、9.1%上昇し、TOPIXや日経平均のパフォーマンスを上回った。5月号のレポートでは、大型株に比べたマザーズ指数の出遅れを指摘したが、マザーズの割安な点やAIなどのテーマに着目した買いが入ったと思われる。中国の地政学リスクや日銀の金融緩和継続などに伴う海外投資家による日本株買いが中小型株にも波及している。

東証グロースの主要銘柄の中では、3月に上場したVTuberプロダクションのカバーが40%上昇し、グロースの時価総額ランキングで4位(7/4時点)になった。6月にプライム市場に移行した同業のANYCOLORも24%上昇しており、VTuberのテーマが注目を集めた。また、3月号のレポートでカバーのIPOを取り扱った際は、売上が同程度であるにも関わらず、ANYCOLORの時価総額が倍であったため、カバーが割安に感じた投資家がいたと考えられる。

次に前月の東証グロース構成銘柄の騰落率ランキングを見ていく。

簡単なアンケートにご回答いただくと
全文をお読みいただけます

簡単なアンケートにご回答いただくと全文をお読みいただけます


Tag
Share
notelinkedInfacebooklinetwitter

新卒で資産運用会社のFirst Sentier Investorsに入社し、アナリストとしてアジア・日本の株式の分析を行う。その後、リクルートでプロダクトマネージャーを経験。2022年にケップル入社。現在はデータベース部門を管掌、および海外事業部門を兼務。スタートアップデータ拡充のための企画、分析に加え、KEPPLEメディアやKEPPLE DBへの独自コンテンツの企画、発信を行う。

新着記事

notelinkedInfacebooklinetwitter
notelinkedInfacebooklinetwitter

STARTUP NEWSLETTER

スタートアップの資金調達情報を漏れなくキャッチアップしたい方へ。
1週間分の資金調達情報を毎週お届けします

※登録することでプライバシーポリシーに同意したものとします

※配信はいつでも停止できます

STARTUP NEWSLETTER

投資家向けサービス

スタートアップ向けサービス