ソフトウェアCRMスタートアップのCoobyが290万米ドルの資金調達を発表、WhatsAppの20億ユーザーをターゲットとする

ソフトウェアCRMスタートアップのCoobyが290万米ドルの資金調達を発表、WhatsAppの20億ユーザーをターゲットとする

    翻訳元の記事公開日:2022年3月9日 記事提供:Meet Global 

    台湾に拠点を置く会話管理スタートアップのCoobyは、Sequoia IndiaのSurgeとPear VCの主導で、これまでに290万米ドルを調達したことを発表した。同社のデータによると、1年以内に80カ国以上からユーザーを獲得し、5カ国で有料顧客を獲得している。

    「2021年10月以降、ドイツ、インド、インドネシア、シンガポール、米国に顧客ベースを拡大しました。さらに、この3ヶ月で、WhatsApp受信トレイ生産性Chrome拡張機能のユーザーベースが350%増加し、80カ国以上で利用されるようになりました。今回の資金調達により、Cooby Workspace製品をさらに強化し、シンガポールなど世界各国にチームを拡大することを楽しみにしています」とCoobyのCEO兼共同創業者のWen Shawは述べている。

    Techcrunch Disrupt SF 2019に参加して台湾のスタートアップをシリコンバレーに紹介する旅の中で、WenとJocelinはその時から多くのスタートアップのアイデアを語り、一緒にチームを組むことにした。画像クレジット: 賀大新

    WhatsAppの市場を狙う

    全世界で20億人以上のアクティブユーザーを持つWhatsAppは、世界で最も人気のあるアプリの一つだ。新規見込み客や既存顧客とのエンゲージメントを高めるために、このプラットフォームを利用する営業チームが増えている。メッセージングアプリを通じた営業会話は、顧客がより協力的でリアルタイムのコミュニケーションを好むからである。企業は、これを理解しているものの、多くの企業がWhatsAppやその他のメッセージングプラットフォームを通じてリードや既存顧客とエンゲージすることに苦労している。WhatsAppではデータ統合ができないため、データ所有権、透明性、可視性、アクティビティ追跡、法的保護などの問題に頭を悩ませている。

    Coobyでは、WhatsAppのワークナンバー設定、データ同期、分析ダッシュボード、アラートと通知、コラボレーションインターフェースなどを提供し、WhatsAppの調整と営業強化に取り組んでいる。また、統一されたプラットフォーム上で顧客との会話や営業活動を可視化することも可能だ。Cooby Workspaceは、WhatsApp上でのコラボレーションをすべてのやり取りなしで可能にし、すべての顧客コンタクトを集約し、チームが追跡、改善、成長できるような明確で実行可能な分析を提供する。

    Coobyのチーム管理ソリューションは、WhatsAppとLINEに完全な透明性を提供し、データ、情報、フィードバックのスムーズな流れを可能にし、営業組織の各レベルが進化してより大きな成果を達成できるよう支援する。

    また、個人でもCooby Extensionを使用することで、受信トレイを整理し、WhatsAppをスーパーチャージすることができる(無料)。この拡張機能では、ニーズに合わせてカスタムタブを作成し、イベントのスケジュール、リマインダーの設定、メモを取るなど、様々な機能を利用することができる。これらの機能により、受信箱ゼロを達成し、受信箱全体の生産性を向上させることができる。

    Coobyにより、異なるメッセージアプリの顧客データを一元管理が可能に

    Coobyは2020年11月、元FacebookerのJocelin HoとWen Shawの2人によって設立された。Hoはスタンフォード大学で電気工学の修士号を取得し、直近ではInstagramとFacebookでテックリードとして働いていた。それ以前は、Google、Ericsson、Gogolookなどで経験を積んできた。コロンビア大学の卒業生であるShawは、Facebook、Dropboxでプロダクトマネージャーを務めたほか、IBM、Touch of Modern、Percolataでも経験を積んでいる。

    Techcrunch Disrupt SF 2019に参加し、台湾のスタートアップをシリコンバレーに紹介する旅の中で、多くのスタートアップのアイデアについて話し合った結果、一緒にチームを組むことにした。技術や製品づくりのバックグラウンドを持つ彼らのスキルセットが、互いを完璧に補完できることは明らかだ。

    WenとJocelinは、Whatsapp、Messenger、LINEなどのコミュニケーションアプリを使って顧客との関係を管理する人が増えていることを予見していた。しかし、すべてのアプリ間で「顧客とのビジネス交流データ」を統合できる効果的なツールがないため、二人はCoobyを設立した。

    Coobyは、コミュニケーションアプリから顧客データを自動的に取り込んで顧客リストを構築できるほか、Gmailと連携してワークフローを管理することも可能だ。

    Coobyは製品をデビューさせるやいなや、Sequoia india's Surgeの台湾における最初の資金調達先のスタートアップとなり、Hustle Fund、Pear VCなどのベンチャーキャピタルから100万米ドル以上の資金を獲得し、現在までに290万米ドルを調達している。

    トップ画像クレジット:Cooby

    翻訳元:https://meet-global.bnext.com.tw/articles/view/47628

    記事に取り上げられた企業との面談依頼はこちらをクリック
    (※ケップルのパートナーであるMeet Globalを通じてオンライン面談を依頼します。面談を確約するものではありません)

    Meet Globalについて:2011年にBusiness Next Mediaが立ち上げたMeetは、スタートアップ・シーンの最新ニュース、業界動向、ベンチャーキャピタルの資金調達、業界イベントなどを提供する大手スタートアップ・コミュニティ・プラットフォームです。台湾の強力なスタートアップエコシステムを育成することを使命とするMeetは、オンラインプラットフォームやアジア最大のハイテクスタートアップ見本市Meet Taipeiなどのイベントを通じて起業家コミュニティを結集し、次世代のスタートアップを支援しています。その他のスタートアップストーリーは、こちらをご覧ください。

      最新の特集記事

      最新の特集記事

      STARTUP NEWSLETTER

      スタートアップ資金調達情報を漏れなくキャッチアップしたい方へ
      1週間分の資金調達情報を毎週お届けします

      ※登録することでプライバシーポリシーに同意したものとします

      ※配信はいつでも停止できます

      STARTUP NEWSLETTER

      投資家向けサービス

      スタートアップ向けサービス

      notelinkedInfacebooklinetwitter
      notelinkedInfacebooklinetwitter