交流から始まるイノベーション、スタートアップと大企業の新たなビジネス機会を創出

交流から始まるイノベーション、スタートアップと大企業の新たなビジネス機会を創出

written by

KEPPLE編集部

消費者ニーズの多様化や技術革新への対応が求められる中、スタートアップ企業による新しいソリューションへの期待は高まるばかりだ。

国や自治体をはじめ様々なプレイヤーがスタートアップ支援の動きを活発的に行う中において、多くの出会いや学びの機会を提供するスタートアップ関連イベントが果たす役割は小さくない。

新型コロナウィルスが落ち着きを見せた2023年からは、完全オフラインのイベントも再び開催されるようになり、経営者同士の横のつながりに加え、スタートアップが投資家や事業会社と接点を持つ機会として、オフラインで交流できるイベントが重宝されている。

また、ここ数年で大規模なスタートアップイベントも増えた。中でも1万人以上の来場を記録した大規模展示会型イベントが「Startup JAPAN EXPO」だ。同イベントはeightを運営するSansanが主催となり、2023年4月に東京ビッグサイトで初開催された。

Startup JAPAN 会場の様子(画像:Startup JAPAN 公式HPより掲載)


来場者数もさることながら、従来のスタートアップイベントの参加者とは異なる幅広い層が数多く参加していたことも目を見張る。350万人以上のEightユーザー数を抱えるとともに、数多くの事業会社とサービス契約により接点を有するSansan だからこそなし得る特徴だ。

「イベント終了後の集計結果からわかったことですが、大手事業会社のレイヤーの高い方々に多くご来場いただきました。国内産業の成長の鈍化から、スタートアップ企業と出会いオープンイノベーションに取り組みたいというニーズが高まっていることを感じています」

2023年4月に開催したStartup JAPAN EXPOの初回の手ごたえについて、Sansanでイベント集客や運営に携わる堀江 慎也氏はこのように話す。

Startup JAPAN EXPOは、この春5月に再び開催される。日本最大級のビジネスカンファレンス「Climbers 2024」との併催で、今回も1万人以上の来場者を見込んでいる。

また、前回に続き、Startup JAPAN EXPO 2024 とともに開催されるのが、スタートアップへの出資・事業連携に特化した個別面談専門イベントである「Startup JAPAN FUNDeal 2024」だ。

出資・事業連携に特化した個別面談専門イベント「FUNDeal」

FUNDeal 会場の様子(画像:Startup JAPAN 公式HPより掲載)


前回に続いて開催されるFUNDealは、スタートアップが事業会社/VC/CVCと個別面談できる場で、参加者向けの専用パスを購入する必要があることから参加者の熱量も高い。

FUNDeal参加者には、事前にそれぞれの参加目的や状況を確認する目的でアンケートが展開される。アンケート回答をもとに、Startup JAPAN独自のマッチングシステムを用いて面談予約をすることで、双方にとって最適な接点創出に注力している点が特徴だ。

大手事業会社からは出資に限らず、M&Aや事業連携など様々なニーズを持った部門担当者が参加予定で、2日間で延べ5000以上の面談設定を見込んでいる。

FUNDealは前回が初開催ながら、日本を代表する大手事業企業が数多く参加しており、スタートアップの参加者からは「今まで出会うことが難しかった投資家様と出会えたのが良かった」「マッチングの面談に参加くださった大手企業側のレイヤーが高く、いい機会を得られた」など、多くの反響があった。

参加スタートアップの面談イメージ

参加スタートアップの面談イメージ(画像:Startup JAPAN 公式HPより掲載)


事前の面談予約だけでは多くの企業と話せるかわからないという不安を感じるスタートアップもいるかもしれない。

FUNDealでは、テーマごとに投資家と事業会社、スタートアップが集まる交流会が予定されている。「大企業×スタートアップ」「LP投資家×VC」「地方スタートアップ」といった具合に、それぞれのニーズや同じ課題を持った参加者が一堂に集まる場が設定されている。

飲食物片手に、その場でカジュアルに投資家やスタートアップとつながりを作り、情報交換できるのは、今回のFUNDealならではの魅力の一つだろう。

また、FUNDeal参加者向けのエグゼクティブラウンジも用意されており、事前に設定された面談に限らず、会場の参加者同士の思わぬ出会いが生まれる仕組みがいくつも用意されている。

交流する参加者

参加者同士で交流する様子(写真:Startup JAPAN提供)

スタートアップに携わる者なら聞くべきセッションも

FUNDealでは、参加者限定の豪華セッションも予定している。実業家の堀江 貴文氏が、マイネット創業者の上原氏、ダイヤモンド・オンライン編集委員の岩本氏と「起業家の成功条件」をテーマに登壇するなど、スタートアップに携わるならば注目したいセッションが複数開催予定だ。

現時点で予定しているセッションは以下の通り。

  • IPOの新潮流・スイングバイIPOとは?ZOZOから独立→上場したyutoriのリアルに迫る
  • 起業家の成功条件 〜実践者が語る起業家の心得〜
  • 日本のVCビジネス、これからどうなる?3人のキャピタリストが語るVC30年の歴史と未来
  • 日本のスタートアップが世界に羽ばたくために〜Think global from Day 0〜


セッション終了後は、登壇者や参加者同士の交流も予定。スタートアップの最新トレンドを学べるだけでなく、ネットワーキングにも活用できる。

オープンな交流の創出を目的とする「Startup JAPAN EXPO」と資金調達・事業提携に特化した個別面談イベント「FUNDeal」。スタートアップエコシステムの参加者にとって有益なイベントであることは間違いないだろう。

同イベントがスタートアップ産業の成長にどのように寄与するのか、イベントの反響にも引き続き注視したい。

<イベント概要>
日 時:2024年5月15日(水)〜 5月16日(木)10: 00 ~ 17:00(予定)
会 場:東京ビッグサイト 南展示棟
主 催:Eight(Sansan株式会社)
参加方法:事前登録制(EXPO:無料 / FUNDeal:有料)
イベント詳細および事前登録はこちらから

Share
notelinkedInfacebooklinetwitter

新着記事

notelinkedInfacebooklinetwitter
notelinkedInfacebooklinetwitter

STARTUP NEWSLETTER

スタートアップの資金調達情報を漏れなくキャッチアップしたい方へ。
1週間分の資金調達情報を毎週お届けします

※登録することでプライバシーポリシーに同意したものとします

※配信はいつでも停止できます

STARTUP NEWSLETTER

投資家向けサービス

スタートアップ向けサービス