ストリーミングにおけるカスタマーサポートのスタートアップのViewaboが177万米ドルのシード資金を調達、台湾でソフトウェアを構築し、世界中に販売することを目標とする

ストリーミングにおけるカスタマーサポートのスタートアップのViewaboが177万米ドルのシード資金を調達、台湾でソフトウェアを構築し、世界中に販売することを目標とする

    翻訳元の記事公開日:2022年1月20日 記事提供:Meet Global

    カリフォルニアと台北に拠点を置くViewaboは、Hive Venturesを筆頭に、500 GlobalやDraper Associatesなどの投資家から177万米ドルのシード資金を調達した。Viewaboは、この資金を米国市場の強化、台湾およびアジア太平洋市場への拡大に充当する予定である。

    「台湾は、半導体や電子機器産業が盛んな国です。台湾には強力な半導体と電子産業があり、チップや電子部品はここで製造され、世界中に販売されます。この経験は、台湾のソフトウェアのシーンにも必ず生かされるでしょう」と、Viewaboの共同設立者George Chengは述べている。

    George Cheng氏が2019年に設立したViewaboは、ビデオとライブストリーミング技術で遠隔カスタマーサポートを強化することを目的としている。「現在、人々はすでにビデオ通話で会議やイベントコンサートを行うことに慣れていますが、現在のITサポートソフトウェアやシステムは時代に合っていないようです」とGeorgeは述べている。

    ハードウェアやソフトウェアの修理方法を "見せる "だけのサービス



    電話、電子メール、メッセージングによる遠隔カスタマーサポートは、視覚的なサポートなしにトラブルシューティングを行う複雑さから、顧客とエージェントの双方にとって長い間不満の種となっていた。この問題を解決するために登場したのがビデオだ。調査によると、ドイツの消費者の間では、カスタマーサービスにビデオ通話を利用する人が79%も増加したとのことである。しかし、多くのビデオサポートソリューションは、サードパーティの消費者向けビデオチャットアプリを使用しており、ほとんどのヘルプデスクシステムと統合されていないという問題がある。

    Viewaboは、カスタマーサポートのエージェントがユーザーのスマートフォンの背面カメラへのアクセスを要求し、問題のリアルタイムビデオを受信できるようにすることで、リモートカスタマーサポートを合理化するものである。エージェントは、ビデオストリームに注釈を付けたり、一時停止したり、回転させたりして、お客様をより適切に誘導することができ、後のレビューやトレーニングのためにストリームを録画して保存することができる。 お客様向けのアプリは必要なく、可能な限り摩擦のないプロセスを実現する。

    「テクニカルサポートは可視化されていないため、誤解が生じやすく、時間がかかり、フラストレーションが溜まります。私たちのサービスを利用すれば、カスタマーサポートチームはお客様のスマートフォンのカメラへのアクセスを要求し、ユーザーの問題をリアルタイムで動画で見ることができるので、診断と問題解決の時間を大幅に短縮することができます。特に中小企業市場には大きな成長の余地があり、カスタマーサポートのエクスペリエンスを変革し続けられることに興奮しています」とGeorgeは述べている。

    「当社のサービスでは、カスタマーサポートチームがお客様のスマートフォンのカメラへのアクセスをリクエストし、ユーザーの問題をリアルタイムで動画で確認できるため、診断と問題解決の時間を大幅に短縮することができます」とGeorgeは述べている。画像クレジット:viewabo

    「ハイパーコネクテッド・ワールドは、必要なインフラと人材に支えられてこそ成立するものです。世界がより速く動き、テクノロジーがより複雑になるにつれ、サポートシステムもまたそれに追随していかなければなりません。ビデオは、理解力を高め、リアルタイムの解決を可能にし、しかも直接の接触が不要なため、自然な形で後継者になることができます。私たちは、特にデジタル化された未来において、現代のカスタマーサポートチームを強化するViewaboのモデルには強い可能性があると信じています」とHive Venturesの創業者兼マネージングパートナーであるYan Leeは言う。

    「ビデオ通話の普及が加速する中、Viewaboは、日常的な問題に対処する際の顧客体験を向上させることができるWebベースの対話型ツールを構築しています。熱心なチームのおかげで、同社は次世代のビデオカスタマーサービスプラットフォームになる可能性があると信じています」と500 GlobalのマネージングパートナーであるTony Wang氏は言う。

    これまでViewaboは、ロサンゼルスに拠点を置くコンピュータ・ハードウェア・メーカーのNZXT社などの企業の顧客体験を最適化することに成功している。NZXTのサポートチームは、同社のコンピュータ構築サービス「BLD by NZXT」の顧客維持率を向上させるため、Viewaboのサービスを活用してトラブルシューティング体験を大幅に簡素化し、リアルタイムのビデオフィードバックにより30分のやり取りを数秒に短縮する例もあった。

    米国市場の経験で台湾に戻る

    人生の大半をアメリカで過ごしたGeorge Chengは、数年前に台湾政府が開催した「The Love Boat」というプログラムに参加する機会を得た。このプログラムは、台湾系アメリカ人に台湾のことをもっと知ってもらい、人脈を築いてもらうことを目的としている。

    「このプログラムは、両親から聞いた話以外では、私が初めて台湾を知るきっかけとなったものです。プログラムの最後に、カウンセラーの一人が、台湾が私たち華僑のためにこのプログラムを作った理由は、いつか私たちが台湾のために戻ってこられることを願っているからだ、と言ったのを覚えています。それがずっと心に残っています。そして今、私はここにいるのです」とGeorgeは言った。

    アメリカの市場や文化を深く理解しているジョージは、Viewaboが台湾でソフトウェアを構築することを実現できると確信しており、自分もそうしたいと思っている。

    トップ画像クレジット:Viewabo

    翻訳元:https://meet-global.bnext.com.tw/articles/view/47589

    記事に取り上げられた企業との面談依頼はこちらをクリック
    (※ケップルのパートナーであるMeet Globalを通じてオンライン面談を依頼します。面談を確約するものではありません)

    Meet Globalについて:2011年にBusiness Next Mediaが立ち上げたMeetは、スタートアップ・シーンの最新ニュース、業界動向、ベンチャーキャピタルの資金調達、業界イベントなどを提供する大手スタートアップ・コミュニティ・プラットフォームです。台湾の強力なスタートアップエコシステムを育成することを使命とするMeetは、オンラインプラットフォームやアジア最大のハイテクスタートアップ見本市Meet Taipeiなどのイベントを通じて起業家コミュニティを結集し、次世代のスタートアップを支援しています。その他のスタートアップストーリーは、こちらをご覧ください。

      最新の特集記事

      最新の特集記事

      STARTUP NEWSLETTER

      スタートアップ資金調達情報を漏れなくキャッチアップしたい方へ
      1週間分の資金調達情報を毎週お届けします

      ※登録することでプライバシーポリシーに同意したものとします

      ※配信はいつでも停止できます

      STARTUP NEWSLETTER

      投資家向けサービス

      スタートアップ向けサービス

      notelinkedInfacebooklinetwitter
      notelinkedInfacebooklinetwitter