日本への進出を強化する台湾の旅行プラットフォーム「KKday」がシリーズC+ラウンドを終了、ラウンドCの総額は9500万米ドルに

日本への進出を強化する台湾の旅行プラットフォーム「KKday」がシリーズC+ラウンドを終了、ラウンドCの総額は9500万米ドルに


翻訳元の記事公開日:2022年7月14日 記事提供:Meet Global

KKdayは本日、シリーズC+ラウンドで2000万米ドルを調達したことを発表した。このラウンドは、台湾と日本への投資に注力し、2つの市場を結びつけるTGVest Capitalが主導した。

今回の資金調達により、KKdayはグローバル市場への拡大を継続し、予約・在庫管理SaaSであるrezioで観光業界のデジタル変革を支援する。KKdayは、ソフトウェアエンジニアリング、マーケティング、ビジネス開発、オペレーション、グローバルマーケティング戦略など、300以上のポジションの開設を目指すと述べている。KKdayは、2023年に1000人以上の従業員を抱える見込みである。

2020年3月から、KKdayはアジア市場でrezioのプロモーションを行っている。rezioは、業者が予約や在庫を管理するためのSaaSソリューションである。2021年6月には、韓国から顧客を獲得することに成功し、日本からも複数の有名観光地を獲得した。現在、1600以上の観光地がrezioを使用しており、270万人以上の旅行者にサービスを提供している。

KKdayは日本での市場開拓を進めている。Ming Ming Chen(右)画像クレジット:KKday

KKdayは、他の観光企業との提携も積極的に行っている。2021年後半に直前予約プラットフォーム「FunNow」に出資したほか、日本の旅行予約システム「アクティビティジャパン」を買収した。KKdayのCEO兼創業者であるMing Ming Chen氏は、「KKdayは観光業のパートナーと提携し、顧客に革新的なサービスを提供しようとしています」と述べている。

過去2年半、コロナウイルスは世界経済を混乱させ、観光業界にも大きな打撃を与えた。Covid-19の大流行に直面し、KKdayは機敏で革新的な戦略でそれを克服した。

KKdayを設立する前に2つの会社をIPOに導いたMing Mingによると、彼が実践した重要な原則は、常に最悪の事態を想定して計画することだった。常に最悪の事態を想定することで、KKdayはキャッシュフローとバランスシートの管理に極めて高い規律を保っている。短期的な資産を長期的な投資に振り向けず、キャッシュフローの柔軟性を最適化することが重要な原則である。

このことが、感染症発生時のショックを和らげ、収益の大幅な減少にもかかわらず、KKdayのブランドを守り、顧客に十分な返金をすることに大きな役割を果たした。

トップ画像クレジット:KKday

翻訳元:https://meet-global.bnext.com.tw/articles/view/47740

記事に取り上げられた企業との面談依頼はこちらをクリック
(※ケップルのパートナーであるMeet Globalを通じてオンライン面談を依頼します。面談を確約するものではありません)

Meet Globalについて:2011年にBusiness Next Mediaが立ち上げたMeetは、スタートアップ・シーンの最新ニュース、業界動向、ベンチャーキャピタルの資金調達、業界イベントなどを提供する大手スタートアップ・コミュニティ・プラットフォームです。台湾の強力なスタートアップエコシステムを育成することを使命とするMeetは、オンラインプラットフォームやアジア最大のハイテクスタートアップ見本市Meet Taipeiなどのイベントを通じて起業家コミュニティを結集し、次世代のスタートアップを支援しています。その他のスタートアップストーリーは、こちらをご覧ください。


Tag

    最新の特集記事

    最新の特集記事

    STARTUP NEWSLETTER

    スタートアップ資金調達情報を漏れなくキャッチアップしたい方へ
    1週間分の資金調達情報を毎週お届けします

    ※登録することでプライバシーポリシーに同意したものとします

    ※配信はいつでも停止できます

    STARTUP NEWSLETTER

    投資家向けサービス

    スタートアップ向けサービス

    notelinkedInfacebooklinetwitter
    notelinkedInfacebooklinetwitter