韓国のハイテク企業Naverの支援を受け、台湾のPranaQが300万米ドルのシード資金を確保

韓国のハイテク企業Naverの支援を受け、台湾のPranaQが300万米ドルのシード資金を確保

  • #ヘルスケア


翻訳元の記事公開日:2022年12月27日 記事提供:Meet Global

ヘルスケア技術のスタートアップ企業であるPranaQは、シードラウンドで300万ドルの資金調達に成功した。このラウンドには、DSC Investment、Smilegate Investment、NAVER D2SF、Lighthouse Combined Investmentなど、複数のグローバルベンチャーキャピタルが参加している。

今回の資金調達により、PranaQは、最初の製品でFDA認証を取得し、グローバルなマーケティングに力を入れることを目指す。

韓国最大のインターネット企業であり、グローバルなテックプラットフォームであるNAVERのCVCであるNAVER D2SFは、最近の新規事業のドライバーの1つとしてヘルスケアに注力していることを背景に、パートナーシップの可能性を見込んだ戦略的投資家として、このラウンドに参加した。

睡眠時無呼吸症候群を追跡する効果的な方法はない。米国では、患者が睡眠センターに行ってあらゆるセンサーを装着して一晩眠り、臨床検査技師がデータを解析してレポートを出す必要がある。また、ヘルスケアは睡眠時無呼吸症候群の診断をカバーしていない。「睡眠時無呼吸症候群を診断するための現在のソリューションは、患者に迷惑をかけています」とPranaQの共同設立者兼CEOのJerry Chenは言う。

PranaQはデジタルヘルスケア企業で、Duke大学で開発された技術など、AIによる生体信号処理アルゴリズムを搭載したウェアラブル医療機器を開発している。同社の最初の試みは、睡眠時無呼吸症候群を含む睡眠障害の検出と監視を中心に、人々が睡眠と健康状態全般についてより良い知識を持ち、コントロールできるようにすることである。

このラウンドのリードインベスターであるDSC InvestmentのSoosob Won氏は、「PranaQは革新的なAI搭載アルゴリズムと商業化に近いコンパクトな睡眠検査装置を開発し、従来の複雑な睡眠検査に取って代わることができるようになりました。私たちは、PranaQの提供により、多くの人々がより良い睡眠をより簡単に、より多く得られるようになり、さらに病院、保険会社、その他の関係者に独自の価値を提供することを期待して、投資を決定しました」と述べている。

「PranaQはかなり国際色豊かなチームです。様々な国からメンバーが集まっており、それがNaverとつながった理由でもあります。Naverのリソースを通じて、私たちの製品がより多くの人々に届くことを期待しています」と、Chenは述べている。

トップ画像クレジット:PranaQ

翻訳元:https://meet-global.bnext.com.tw/articles/view/47849

Meet Globalについて:2011年にBusiness Next Mediaが立ち上げたMeetは、スタートアップ・シーンの最新ニュース、業界動向、ベンチャーキャピタルの資金調達、業界イベントなどを提供する大手スタートアップ・コミュニティ・プラットフォームです。台湾の強力なスタートアップエコシステムを育成することを使命とするMeetは、オンラインプラットフォームやアジア最大のハイテクスタートアップ見本市Meet Taipeiなどのイベントを通じて起業家コミュニティを結集し、次世代のスタートアップを支援しています。その他のスタートアップストーリーは、こちらをご覧ください。


Tag
Share
notelinkedInfacebooklinetwitter

新着記事

notelinkedInfacebooklinetwitter
notelinkedInfacebooklinetwitter

STARTUP NEWSLETTER

スタートアップの資金調達情報を漏れなくキャッチアップしたい方へ。
1週間分の資金調達情報を毎週お届けします

※登録することでプライバシーポリシーに同意したものとします

※配信はいつでも停止できます

STARTUP NEWSLETTER

投資家向けサービス

スタートアップ向けサービス