株式会社ケップルはミッション「Create New Industries 世界に新たな産業を」掲げ、イノベーションを促進するデジタルプロダクトと投資家支援サービスを提供します。

menu
close
トップへ

プレスリリース

“大学認定VC“東京理科大学イノベーション・キャピタル、投資業務の効率化を図るために「FUNDBOARD」を導入

株式会社ケップル(本社:東京都渋谷区、代表取締役:神先孝裕、以下ケップル)は、東京理科大学イノベーション・キャピタル株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:片寄裕市、高田久徳、以下TUSIC)にて、投資業務の効率化を推進するCRMツール「FUNDBOARD」をご導入いただいたことをお知らせいたします。これにより、同ファンドの投資業務における、管理業務の効率化や社内外のスムーズな情報共有に貢献いたします。

News

TUSICは社会イノベーションを起こす独自の技術やサービスプラットフォームを持つ企業に対して積極的に投資を行う、東京理科大認定のベンチャーキャピタルです。先端技術の社会実装、新たなビジネスモデルを開発するベンチャー企業に対する投資をさらに加速させ、その活動を支えるべく「FUNDBOARD」の採用を決定いただきました。今後、スタートアップ情報の入手、社内の情報共有・蓄積、加えて管理業務がスムーズになることが期待されています。

TUSIC管理部長 田嶋周平様 コメント

FUNDBOARDを導入することにより、投資先の情報を一元管理できることを期待しています。また情報収集や、蓄積されたデータの共有を効率化することにより、社内及び投資家様とのコミュニケーションをより円滑にしていきたいと考えています。

FUNDBOARDについて

「FUNDBOARD」は、スタートアップを中心とした未上場企業を対象とする投資家の実務をサポートし、コミュニケーションを効率化する、未上場株の管理ツールです。ケップルは、投資家の皆様が投資業務や投資先の支援業務により集中できる環境を整えることができるよう、引き続き機能開発に注力して参ります。

詳しくはこちら
FUNDBOARDサイト

東京理科大学イノベーション・キャピタル株式会社について

東京理科大学イノベーション・キャピタル株式会社(TUSIC)は、先進技術の開発、新サービスを導入することで人々の暮らしを真に豊かにし、社会の健全な発展に寄与し得る企業への投資・支援を行うべく、2018年11月に設立されました。 また、東京理科大学の建学の精神である「理学の普及を以て国運発展の基礎とする」及び教育研究理念である「自然・人間・社会とこれらの調和的発展のための科学と技術の創造」の精神に基づき、当社の運営を通じて、社会イノベーションの実現に貢献し、日本及び世界の調和的かつ永続的な繁栄へ貢献することを目的としています。

会社概要

社名
東京理科大学イノベーション・キャピタル株式会社
住所
東京都新宿区神楽坂1-3東京理科大学神楽坂キャンパス9号館8階
設立
2018年11月1日
代表者
片寄 裕市・高田 久徳
事業内容
ベンチャー企業への投資・支援
Webサイト
TUSICサイト

株式会社ケップルについて

株式会社ケップルは、「Create New Industries」をビジョンに掲げ、スタートアップや投資家のファイナンス業務支援を中心に事業を展開しています。2018年8月には、未上場株式管理ツール「FUNDBOARD」をリリース。2019年8月には、スタートアップ・投資家のための学びの場「KEPPLE ACADEMY」をスタートさせ、同年11月に有料受講者数累計1000名を突破しました。2020年4月にはスタートアップのための資金調達支援サービスとして「FUNDBOARD for Startups」をリリースしました。さらに、スタートアップ情報専門動画メディア「STARTUP TV」を運営し、スタートアップ企業情報を大企業や投資家の方々に提供していきます。同年8月には、スタートアップや中小企業をはじめとする非上場企業の株主総会手続きを全てオンラインで完結させるサービス「株主総会クラウド」を正式ローンチいたしました。日本経済新聞社や野村総合研究所と資本業務提携を締結しており、今後も世界中のスタートアップと投資家を支援することを目指しています。

詳しくはこちら
FUNDBOARDサイト

詳しくはこちら
株主総会クラウド

詳しくはこちら
STARTUP TV

一覧に戻る